タカタカ@青森ライフ

青森のグルメ・観光・お出かけスポット等の情報をブログで発信してます🍎観光客・移住者増やしたい🍎青森Uターン勢🍎田舎暮らし最高🍎最近の興味はeスポーツ🍎


タカタカ@青森ライフ

ドローン初心者が上達するまでにやったこと①|「練習場所探し」編

スポンサーリンク

f:id:Qudo_Taka:20180925001457p:plain

どうもこんにちは!青森案内人でドローン初心者のタカタカ(@takataka_aomori )です。

 

ドローンが欲しい!操縦してみたい!空撮したい!と思ってるドローン入門生の方!

 

ドローンってどのくらい練習すれば上達するのか、どのレベルまで行けば上達したと言えるのか、気になる方は多いと思います。

 

ドローンを買えば簡単に飛ばせると思ってる方は大間違い!

 

操作を謝ると物損事故に繋がる可能性はありますし、場合によっては人身事故に繋がる可能性もありますので、空撮したい!って思うなら、まずは操作練習をすることが必須です!

 

私はドローンを買ってから、練習方法や練習期間について調べ始めて後悔しましたので、これからドローンを始めようと思ってる方は、ドローンを買う前にこのシリーズを見ていただけるといいかと思います。

 

ドローン初心者の私が、操縦の練習をして、上達するまでに一体何をどのくらいやったのかをシリーズ形式で記事にしていきます。

 

第一回は「練習場所探し」をテーマに書いていきます。

 

※ちなみに、屋外で200g以上のドローンを飛ばすことを目的としている方向けの記事となります。

200g未満のトイドローンを屋内で飛ばすことを目的としている方には参考にならないと思いますので悪しからず…。

 

まず始めにやったこと

練習場所探し

f:id:Qudo_Taka:20180925001547j:plain

最初はこれが一番大変なんじゃないかと思いました。

 

操縦の話じゃないじゃん!と思うかもしれませんが、これホント重要ですので、最初に書かせていただきました。

 

私が住んでいるのは青森で田舎なので、飛行禁止区域が市街地のみとなっていて、

 

お!飛ばすとこいっぱいあるじゃん!と思ってしまいますが、ところがどっこい!

 

▼飛行可能場所はこちらで確認してね
maps.gsi.go.jp
▲飛行禁止区域は赤枠内となってます。

 

ここなら大丈夫だろと思って行ってみても、周りに住宅があったり、障害物があったりで、なかなか飛ばせないのが現状です…。

 

結論として、私がドローンを飛ばせる場所で最適だと思ったのは、「海」or「山」でした。

 

ここがクリアできないのであれば、 ドローンは飛ばせません。

 

ドローン購入前に、住んでいる場所の近くに飛ばせる場所があるかをしっかり探しておく必要があります。

 

そうしないと、飛ばせる場所まで片道1時間とか2時間かけて行っても、練習時間が30分とかになる可能性があります…。

 

私は運よく近くにありましたが、これで失敗している方は多いのではないでしょうか。

練習場所はもちろん広い方がいい!

f:id:Qudo_Taka:20180925001627j:plain

練習場所はできるだけ広い方がいいです。

 

そして、周りに障害物が無い環境が最適です。

 

これは安全確保のためです。

 

初心者である私の中で、一番気をつけているのが「安全な環境」で飛ばすということ。

 

車は初心者マークってありますよね?でもドローンってそーゆーのが無いんですよ…。

 

「私は初心者です」とアピールできるものが無いのであれば、自ら周りに迷惑をかけないよう安全な環境を作ることは、ドローンを飛ばす人の当たり前のマナーだと思います。

 

ホント事故はシャレになりませんので、可能な限り広い場所を見つけて飛ばすことをオススメします!

 

自分のことだけを考えるのではなく、必ず周りのことを最優先で考えることで、ドローンマナーを上げていきましょう。

 

▼あわせて読みたい

www.takataka-aomori.com

次回について

 次回は私が実際にやってみた練習と、その効果・習得具合について書いていきますので、ぜひ参考にしてください!

 

最後まで見てくれてありがとうございました!

 

ではまた!