タカタカ@青森ライフ

青森のグルメ・観光・お出かけスポット等の情報をブログで発信してます🍎観光客・移住者増やしたい🍎青森Uターン勢🍎田舎暮らし最高🍎最近の興味はeスポーツ🍎


タカタカ@青森ライフ

青森でのeスポーツ普及について考えてみた

スポンサーリンク

f:id:Qudo_Taka:20180728144047p:plain

どもタカタカです。

最近ニュースで話題のeスポーツ。

 

eスポーツの後進国である日本ですら、連日のニュースに加え、オリンピックの正式種目になるとかならないとかもあり、一気にその知名度が増してきました!

 

そもそもeスポーツってなんぞや!?という方はこちらをご覧ください。

ao-haru.jp

 

正直、青森ではまだまだ『eスポーツ』という言葉は浸透しておらず、???な方がかなり多いと思っています。

 

ですが、これは青森に限ったことではなく、東京をはじめとする日本7大都市やそれに匹敵する都市以外の方は、ほとんどeスポーツのことを知らないのではないでしょうか。

 

世界的な規模や温度感はかなり高まっているものの、日本ではやはり遅れている感が否めません。

 

しかし、逆に考えるとこれはブルーオーシャンなのでは!?

 

ということで、田舎でeスポーツを普及させるために何が必要なのか、eスポーツが普及することで将来的にどのような可能性があるのか考えてみました。

 

田舎でeスポーツを普及させるには

やはりこれが第一の課題でしょう。

 

世界的に今後もeスポーツ市場は右肩上がりで成長します。

 

まだまだブルーオーシャンの日本では、やったもん勝ち状態ですから、本気でeスポーツに取り組んだ企業が勝てるフェーズにいます。

 

特に田舎では競合相手はいませんから、その恩恵は大きいかもしれませんね。

 

具体的に何をやればいいかというと、やはり多くの方にeスポーツを体験してもらう、知ってもらう、興味を持ってもらうってことが一番いいと思ってます。

 

eスポーツは通常のPCよりハイスペックで高価なゲーミングPCを使用することが多いですが、若年層はゲーミングPCを持ってない方が多いため、企業主導でeスポーツブースを展開して、実際に触れてもらうことで認知を高めていくことは必須です。

 

学生さんに聞くと、YouTube等の動画投稿サイトでeスポーツのプレイ動画は見るものの、実際にプレイしたことがないと言ってます。

 

まずは体験させるというところから始めていくことでeスポーツ普及の足掛かりとなるでしょう。

地方でeスポーツが普及することで、その先どんな可能性があるか

1.地元出身のプロゲーマーの排出

地元出身のプロゲーマーが出てくることで、若い世代はさらにeスポーツに注目し、憧れの存在となり、プロゲーマーを目指す人たちが増える。

 

例えば、地元青森出身のサッカー選手である柴崎選手のような感じですね!

 

柴崎選手のように活躍したいという人はたくさんいるはず!

2.eスポーツが盛んだというイメージ作り

eスポーツ体験ブースやeスポーツがプレイできる施設を展開することで、全国の地方都市の中でもeスポーツが盛んだというイメージができてきます。

 

これは非常に重要で、そのイメージがあることで、いろいろなことがプラスに働いてきます。

3.eスポーツイベントや大会開催地として確立

eスポーツのイベントや大会は、eスポーツが盛んなところに集中してきます。

 

青森でeスポーツが盛んなのであれば、全国大会の開催地として選ばれたりして、主導権を握れるようになるかもしれません。 

4.観光客の増加

全国大会を実施するようなところまでくると、青森に足を運んでくる観客、つまり観光客が増えますので、最終的には町の活性化や町おこしににつながってくるんですね!

最後に

地方におけるeスポーツの可能性を書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

 

私はこういったことができれば、必ず青森はもっと良くなると信じています。

 

もちろんいろんなハードルがあると思いますが、eスポーツの先進都市として一歩踏み出してみたい今日この頃でしたw

 

ではまた。